60%生活

エンジョイほぼ無職生活

仕事をクビになりました

3年勤めていたパートをクビになりました。誰が悪いわけじゃない、私たちが行っていた仕事が自動化されるのです。


「AIに仕事を取られる」という記事を目にしたことはもちろんありますが、まさか自分の仕事を奴らに取られるとは思っていませんでした。真っ先に取られそうな仕事内容(データに間違いがないかチェックする)ではありましたが…えーんえーん


・契約更新面談でいきなりの告知

私の勤めていたパート先では、3ヶ月ごとに契約更新の面談がありました。契約を更新できるのは最長で5年間です。私は5年間居座る気マンマンだったので、今回の面談も更新の意思を伝えて2分で終わらせるつもりでした。

ところが、会議室で目の前に座ったマネージャーから出た言葉は「契約終了になります」

脳の血流が止まりました(止まった気がしました)

かろうじて聞き取れたのが「コロナの影響」という単語。おのれコロナめ…大体「コロ」の部分が可愛すぎるんだよ。「鬼糞デヴィル」に改名してはどうか。

そんなことを考えているうちに、私は1ヶ月後無職になることが確定しました。おーんおーん


・私にも非はある

はっきり言って、自分の仕事を「誰でもできる簡単な仕事」だと思ってナメていました。会社はこんな簡単な仕事をなぜ自動化しないのか、とも思っていました。前々から思っていたことが、今回現実になっただけなのです。もちろん仕事は真面目にやっていましたが、全然プライドを持っていなかった。

「プライドを持つ」と書きましたが、私はその感覚がよくわかっていません。

仕事をする目的は「自分の時間を売って働いた対価を受け取ること」であり、成長とか昇進とか自己実現とかモテとか承認欲求とかは、20代の頃は多少あったかもしれませんが最近はサッパリでした。純粋にお金のために働いていたのです。


・働くことについて今一度考えてみよう

私は、お金のために働くことが悪いとは思っていません。だけど、いつ働き口がなくなってもおかしくないということを脳の片隅で覚えておかないといけない。自分の仕事を「誰でもできる簡単な仕事」だと思っていれば、誰かに取られる可能性が多大にあるということなのです。


「そりゃそーだよねー」と思いながらも、なんか悔しい。自分の存在自体を否定された気がしてしまうのです。「たかが仕事」を奪われただけで。

たかが仕事、されど仕事。大切だよね仕事。失って初めて気づいたよ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村