60%生活

人生七転び八起き

もう部屋着を増やさない!△着あれば十分ですよ

必要以上の部屋着が、クローゼットの中を圧迫しているということはないでしょうか。
部屋着とはその名の通り、家の中だけで着るものです。
だからそんなにたくさんの量は必要ないはず。
なのにどうして気づかぬうちに部屋着は増殖してしまうのでしょうか?


それは外着のスタメンから外れた洋服を部屋着にしているからです。


・着なくなった外着が部屋着として残留し続ける

色あせたから、ヨレヨレになったから、外で着るには少し恥ずかしい…
そんなTシャツを部屋着にするタイプの方。
まだ着られる洋服を捨てたりしない、堅実な方ですね。
しかし、そのままだと部屋着が増える一方です。


・洋服を捨てるタイミングっていつ?

洋服が着られなくなる時とはどんな時でしょうか。
それは派手に破れた時か、うんこがついた時でしょう。
私は今まで「着られなくなった」という理由で服を捨てたことがありません。
地味な生活をしているので、洋服が派手に破れたこともうんこがついたこともありません。
「物理的には着られるけどみっともないから」もしくは「飽きたから」服を捨ててきたのです。


・だからその手を離して

洋服に部屋着として生きる道が残されている限り、捨てるタイミングを逃してしまいます。
外着としての役目を終えたら、売るもしくは捨てると家の中がスッキリします。

クローゼットをスッキリさせたいのなら外着と部屋着は分けましょう。


・ミニマリストの部屋着の数は?

・Tシャツ3枚
・リラコ

・パーカー
・スウェットズボン

・ボアの上着
・スウェットズボン(裏ボア)

合計8着

春秋・夏・冬で着るものを分けています。
Tシャツ以外は1枚ずつしか持っていません。
洗い替え用を持つのもやめてしまいました。
Tシャツも2枚あれば十分なのですが、夕食の麻婆豆腐をこぼしてしまった等の不測の事態に備えて、3枚あると頼もしいです。


部屋着の数で人の価値は測れません。
クローゼットをスッキリさせて、秋風通してみませんか?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村