60%生活

人生七転び八起き

トイレットペーパーはシングル派です

トイレットペーパーのお話です。ミニマリストはシングルを使っていそうな気がするんですが、どうなんでしょうか。


昔はなんとなくダブルを手に取っていたんです。旦那がダブル派だったのが理由です。


だけど子供が1人でトイレに入れるようになってから、シングルに変えました。子供は容赦なくペーパーホルダーをカラカラするからです。


そう、自分も含めて人類はトイレットペーパーを量で感知しているのではなく、カラカラの時間で測っているのです。


シングルだろうがダブルだろうが同じ時間カラカラして、同じ長さのペーパーを巻き取り、お尻を拭いているのです。


その時シングルなら薄く、ダブルなら厚い。シングルならお尻の感触がよりダイレクトに伝わる。


一度で同じ長さを消費するなら、ダブルの方が消耗が倍速くなります。なので、トイレットペーパーはシングルが良いという結論が出ています。


たまに友人宅でふわふわのダブルのトイレットペーパーを使うと幸せな気分になります。自分の肛門が貴族の肛門になったように思えます。


だからといって自宅のトイレットペーパーをダブルに替えようとは思わない。これからもお尻の汚れを取るのに最低限の量だけを使いたい。そこは強い意志を持っているのです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村