60%生活

人生七転び八起き

逃げ足が早すぎて仕事がないよ!

大学4年生の時、就職活動をした。


周りの友人は銀行を希望する人が多かった。


いつも一緒にくだらない話をしていたはずなのに、みんなちゃんと考えてたのねと置いてけぼりをくらった気持ちになった。


私はというと、銀行で働く自分…オフィスでスーツを着て働く自分…まったく想像できなかった。


というより、面接や書類選考にまったく通る気がしなかった。


引っ込み思案な自分の性格や、大学時代を目一杯グダグダ過ごしてしまった負い目から、こんな人間を雇う会社が存在するわけないと答えを出したのだ。


冒頭で「就職活動をした」と書いたけど、私は一度も就職活動をしなかった。


企業説明会も出ず、エントリーシートも書いていない。


社会に必要のない人間だと思い知らされるのが嫌で、選考で落とされて傷つくのが怖くて、正々堂々と逃げた。


あれから16年。


ずっとフリーターとして働き、何のスキルもないために仕事選びに苦戦している私がいる。


今までは若さで何とかなってきたけど、40代に突入してから私に就ける職があるのか不安で仕方ない。


求人を見ても、ピンとくる仕事がない。


そうか、この歳でパート経験しかなくて、自分のやりたい仕事を探そうとしていることが贅沢なのですねと気づく。


接客は嫌とか家から近いのがいいとか言ってたら、顔にツバ吐かれますよね…えへへ


逃げることは大事だと思う。


過労死のニュースなどを目にすると、精神的・体力的に追い詰められるまで働く根性が私になくてよかったと思う。


ただ、逃げるのが早すぎる。


怖すぎて戦う前から逃げている。


諦めがいいのが長所です〜なんて言ってる場合じゃない。


仕事と向き合うことから逃げてきたツケが、今の私に重くのしかかる。


だから若人よ、40になって困らないためにも、仕事を頑張ることを最優先した方がいい。


これを22の私に言っても、聞く耳持っちゃいないだろうけど。


マッチの「愚か者」聴いて寝ますね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村