60%生活

人生七転び八起き

だらけることを肯定する

心の中が穏やかなのはいいことだ。私は向上心をなくしたら心が穏やかになった。


今まで思考のほとんどを占めていた「自分の性格のここを直したい」「どうすればあの人のようになれるか」という、今の自分に足りないもの探し。もう探し疲れた。


最近の私はだらけることを肯定している。昼の1時から6時までずーっと動画を見る、というのを1週間続けることも肯定している。


思えば中学受験が終わり勉強から解放された中1の頃から、全力でだらけてきた。誰より早く教室を出て家に帰りせっせとだらけてきた。


だらけ歴25年の信頼と実績がある。私からだらけを取ったら立ってらーれへーんとなるだろう。


だからもういい。立派な人間になることよりも、社会で役に立つ人間になることよりも、できる限りだらけて生きていくことを優先する。


日本よすまない、経済の成長より私の機嫌が良いことの方が大切なのだ。


だらけるには注意点が2つある。


ひとつは、やることを済ませてからだらけること。そうじゃないと心置きなくだらけられないから。食器洗いとか洗濯物畳みとかゴミ袋の交換とか、全部終わらせてから二度と立ち上がらないくらいの覚悟でソファに沈むのが流儀。


もうひとつは、節度をもってだらけること。さすがにだらけがすぎると「生きてる意味がない」というダークサイド思考がよぎるので気をつけるべし。


ちなみに私は今日一瞬だけよぎりました。だらけ過多。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村