60%生活

人生七転び八起き

変化はしなくてもいいだろう

観たい番組も見尽くして、電子書籍も読み尽くして、はー何しようと思う時間がおとずれる。


こんな時、(私以外の)人は友人に連絡して会おうと誘うのでしょうか。


私は自分から誘うことができない。断られるのが怖くて誘わないでいたら「誘わない人間」が確立されてしまった。


いったん確立されてしまったものを壊すのはとても大変だ。私は生粋のめんどくさがりなので余計に大変。


やっぱり、性格や環境を変えるのって難しいよな。それを軽々やってしまう人もいるだろうけど、私にはできない。


家賃が高いとか物音がうるさいとか不満がありつつもずーっと同じマンションに住んでいるし、生きづらさを感じつつも性格を変えずに楽に生きていく方法を考えてるし。


だから最初の選択が大切で、それでミスった時に私のような人間は苦しみつつ我慢してしまう。


何かを変えることより我慢する方が楽だと思ってしまう。


それもひとつの生き方だと思うのだけど、自分が苦しいのを他人とか環境のせいにするのは間違ってるよなと思う。


しかし私は、他人とか環境のせいにする。(母曰く「B型だから」)


自分は悪くないと当たり前に思っている。


それでそんな自分を図々しくていいなと思っている。性格変えたいと思ってる割に、自分のことは嫌いじゃない。むしろ好き。


だけど他人と接するとやっぱり私ダメだなということを思い出してしまうので、ひとりで篭っているのがいい。


で、なんの話でしたっけ?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村