60%生活

フラットでいる

理想の自分はどんな自分?

今の自分が理想の自分でないことは確か。理想の自分になりたいと思う。


とはいえ、自分のポテンシャルからあまりにもかけ離れていると高レベルすぎて無理だ。


顔は石田ゆり子でDカップで気さくで優しくて落ち着いていて笑いのセンスが良くて料理が上手い。


書いてて全部実現不可能だと気づいて悔しかったので「笑いのセンスが良い」を足した。


私は自分の笑いのセンスは良い方だと思っている。


では「頑張れば実現しそうな理想の自分」とはなんだろう。


ここでフリック入力をしている指がパタリと止まった。


…理想が思いつかない。


精力的に働くとか、アウトドアの趣味を持つとか、友人の数を増やすとか、もう自分を一度殺して生まれ変わらないとそうならないであろう理想しか浮かんでこない。


理想の自分は結局「世間的評価が高い人間」のことだった。


無理だし、世間的評価のために努力する気なんてない。それなら寝転んでのりしおを食べる方を選ぶ。


私にとっての理想の自分は今の自分です、って考えるのを放棄して言ってみる。


努力してまで手に入れたいものが、ない。


それは今だけなのか、それとも私が努力できない人間なのか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村