60%生活

人生七転び八起き

許されたい!

掃除をすることで、許されようとしている。


痩せたいと思いながらも食べてしまう、怠惰な自分。


働きたくはないけどお金が欲しくて、自分は怠惰なのに子供にはそうなってほしくないと思う矛盾。


自然体のまま全員に好かれたいと思う無理難題。


放っておくと液体のようにだるんっとしてしまう自分に、義務を与えることでなんとか生きているような気がする。炊事洗濯仕事。


掃除をすれば空間が綺麗になって、ついでに自分の心もピカピカになったような気になる。


週3日出勤して労働することで、何かに許されているような気がする。


だいたい自分が生きるのに何者かに許される必要なんてないと思うんだけど、寝転んでかっぱえびせんを食べコーラを飲みながら有吉の壁を観ている時、私は許されていない気がする。


今のままじゃ駄目だ、もっと成長しろ、良い人間であれと言われている。


私は現状に満足していますと言えない。足りない何かを探して、悩まないといけない。


いやこれ一生続くのか?いつかその声は聞こえなくなるのだろうか。


きっと私が怠惰である限り聞こえるんだろう。何かに夢中で忙しい時は、自分が良いもののように思えてくるもの。


忙しければ大変だけど余計なこと考えずに済む。怠惰なら楽だけど余計なこと考えまくり。


楽で余計なこと考えないという贅沢を望んでしまった…気を引き締めて、明日からも余計なこと考えまくります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村