60%生活

人生七転び八起き

比較と否定を捨てる

他人の持っているものを羨んでも仕方ない。


家を買った友人の、財力と決断力のある旦那を羨ましく思うことや、コミュニケーション能力が高い友人の性格を羨ましいと思うこと。


私がそこで「やってやるかんね!」と奮起するタイプならいいのだけど、残念ながら拗ねてひがんで過食に走るタイプである。


だから他人と比較するのをやめて自分と向き合う方が精神衛生上いい。


そう気づけたおかげで、物に関しては「人が持ってるから私も欲しい〜」と思うことがほぼなくなった。


月のカード支払いが10万円近くあった私が、最近ではお金を使うことが嫌だと思うまでになった。


問題は「性質・人柄」の方である。


どうしても「あの人のような気遣いができない」「友達が少ない」「話していて壁を感じる」など、他人と比較して考えてしまう。


けれどこのままじゃ永遠に「自分のことをクソ人間だと思っている沼」から抜け出せないと思ったのだ。


そこで私は自分を否定する癖をやめようと考えた。


他人と比べて自分の地球上ランキングを考えるのではなく、そもそもランキングに参加するのをやめようと。


汚い感情を否定するんじゃなくて、受け入れる。


受け入れた上で何か改善できることがあれば努力してみる。


最近とんとご無沙汰だった「努力」


否定を捨てて、ミニマリスト王に俺はなる。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村