60%生活

人生七転び八起き

みんな違ってみんないいと思えない

行動的な友人に「休みの日は何してるの」と聞かれ、ずっと家にいると言うと「そうなんだー」と言われる。


その「そうなんだー」の裏に「そんなんで人生楽しいのー」が含まれているような気がして、萎縮してしまう。


裏に何かあるかどうかは私の憶測でしかないけど、それに対抗するように自分と真逆のタイプの友人の嫌なところを探してしまう。


「思慮深くないくせに」と思って、自分と友人の間にはっきりと線を引く。


だけど友人は自分と真逆であるから、私の欠点(引っ込み思案とか受け身とか小心者とか)を全部クリアしている魅力的な人間なのだ。


そんな魅力ある人間を蔑むようなことをしている自分が嫌になる。


ただ自分が気にしている部分(世間的に良しとされていないであろう趣味趣向)をつつかれたから威嚇してるだけだ。


自分が平然と「家にいるのが好きなんだ」と言えないからこんなことになる。


そんな時は魔法の言葉「みんな違ってみんないい」を唱えると丸く収まる。


そこは萎縮したり邪推したり線引きしたりしなくてもいい世界。


ほんとに思える日が来るまで唱え続けよう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村