60%生活

エンジョイほぼ無職生活

やるべきことを処理する。人間だから。

11時前、ずっと気になっていたベランダの物干し竿と室外機を拭いた。神々しいベランダになった。


ガラスと網戸もガッツリ汚れていたけど「今日はこのくらいにしといてやるよ…」と見て見ぬふりをした。


持ち手が薄汚れていたエルエルビーンも、ウタマロ石けんでゴシゴシしてから洗濯機で乱暴に洗ってもらい、神々しいベランダで風に吹かれている。


15時前に、自転車で出かける。返却期限が迫った本を返しに図書館に行くのだ。


カウンターで本を返し、予約していた本を受け取る。


いつもいる職員さんはいつ行っても丁寧に対応してくれる。私は感謝しているのだけど、それをどう伝えていいかわからない。距離感はこれからも一定のままだろう。


図書館を出て自転車に乗り、家とは逆方向に走る。ここに来る前に寄った100円ショップにお目当てのサンダルが売っていなかったので、ちょい遠い100円ショップまで行くことにしたのだ。


どうしても今日中にサンダルを手に入れて、ベランダで使っているストラップが破れた瀕死のサンダルと取り替えたい。


欲しいと思ったらその日に欲しい。夜中に髪を切りたくなって、倍の値段を払ってもいいから今すぐ店を開けてほしいと思うのと同じ原理。


幸いちょい遠い100円ショップにはお目当のサンダルがあったので買って帰る。


家に着いたらしばらく汗が止まらなかった。しかし、ベランダに置かれたゴキブリのように黒いサンダルを見ると、目的を達成した安堵感があった。


さて、夕飯は賞味期限が切れたウインナーと卵を使ってオムライスを作る。汚れたものや壊れたものや賞味期限が切れたものを華麗に処理することで、充実した1日を過ごせたと思う。


あーなんか自分はそういう人間なんだなって思った1日。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村