60%生活

エンジョイほぼ無職生活

真のひとり時間をください私に

家に誰か一人でも家族がいるのと、一人っきりなのは心持ちが全然違う。


家族が違う部屋にいたとしても、心は100%自由になれない。相手が全く知らんじいさんでも、育ててもらった恩がある両親でも、そこに「人」がいれば私の心は落ち着かないのだ。


また、家族がいつ帰ってくるかわからない時と、仕事や学校で帰宅時間がわかっている時の自由度も違う。


いつ帰ってくるかわからない時は、心が自由に動き回れる距離が半径5メートルくらいしかない。帰宅時間がわかっている時は、20キロ先まで駆け出していける。(べつにエロいことをしているわけではございません)


要するに、私が心からリラックスできる時は自宅にひとりでいる時のみ。さらに言うと旦那子供が外出している平日の午後3時くらいまでが真のリラックスタイムなのだ。


ひとりで、誰にも見られていない時しか心に負荷がかからない時なんてない。そこに人がいれば、なんやかやで気を遣うもの。


緊急事態宣言が明けてから、感染予防のため職場の席の間隔が広く取られるようになった。これが本当に楽で助かっている。


あぐらもかくしため息もつくし多少乱暴にエンターキーも押せる。私は人よりもパーソナルスペースが倍くらい広いのだと思う。


それもこれも、必要以上に他人に対して身構えてしまう癖があるせいでこうなったのだろう。


嫌いな奴は単に不快だから距離を取りたくなるし、好きな人にも嫌われたらどうしようと思っちゃうし、犬や猫なんかもなんか哀れんだ目でこっちを見ているような気がしてしまうし、四面楚歌なのだ。


早くお家に帰ってひとりになりたい…!と思うことがよくある。


ただ、ひとりでいるのが好きだけど、子供の学校行事なんかでポツンとひとりでいるのは苦手だったりする。なぜなら「あいつ友達いねーな」と思われるのが恥ずかしいから。


でも実際に友達が少ないため、大体「私全然平気ですけど」の顔をしてひとりで参加する。私は女優なので内心恥ずかしがってることはバレてないと思う。


また会社では人の目を気にしてしまうため、家でひとりでできる仕事をしようと思ったこともあったけど、ひとりでいると刺激がなさすぎて気分が落ち込んできてしまったので向いていないのだと思う。


十分な「ひとり時間」を確保した上で、適度に人付き合いがあり、そこから刺激を受ける生活。


収入を上げたいとかスキルアップしたいとかより、そんな生活がしたい。そして今、ほぼ叶っているので結果オーライ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村