60%生活

エンジョイほぼ無職生活

人生すごろく

誰かのために生きてみたいと思う日だった。


こんなに楽で、誰の役に立ってるか不明で、だけど4時間座ってないといけなくて苦痛な仕事より、困っている人を助ける仕事をしてみてはどうか。


気分は介護職まで飛んだ。すぐに首を横に振って自分を取り戻した。責任感を何より嫌う私にできる仕事ではない。ていうかそんなやつにできる仕事なんてないぞ!


私は暇さえあれば仕事のことについて考えている気がする。仕事のことだけじゃなく「これからどうしていくべきか」という未来への不安。性格なのかしら…


好きなテレビを観ていても、好きな本を読んでいても、気がつくと自分のこれからについて考えてしまっているので、巻き戻しボタンを押す羽目になる。集中力がないのかしら…


そして最近思うのは、人間追い込まれないと力を発揮できないんじゃないかってこと。このままだと私の秘めたるパワーはいつまでたっても秘められたままなのではないか。


追い込まれたら心が壊れてしまいそうで怖いけど、追い込まれないと必死になることもないだろう。


昔から斜に構えていて、必死になることを「ダサい」と言って避けてきたけど、だからこんなにも私の生活はつまらなく、どこまでもつるんとしたババロアみたいな道を無表情で歩いてるだけなんじゃないか。


例えば今朝エレベーターで一緒になった女子二人組のひとりが、さんまさんみたいな笑い方をしてて、そういうとき私はどんな顔してんのか見てやろうと意地悪な気持ちでガン見するのだけど、案の定マツエク化粧濃いめ女子だった。


狭い空間で抑えることなくさんま100%で笑うことができる羞恥心のない女は、化粧も濃いし人生楽しんでる。きっとジャングルみたいな道を歩いてる。


絶対に友達にはなりたくないけど、ジャングルちょい羨ましいよ。


はー私のやりたいことってなんだろう(ふりだしに戻る)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村