60%生活

エンジョイほぼ無職生活

ミニマリすぎて暇

欲しいものがなくなったことで、おしゃれをして買い物に出かけることがなくなった。買い物は唯一の趣味だったから、私は楽しみをひとつ失った。ちょっとの物しか置かれていないクローゼットはスッキリとしていて目には優しいが楽しくはない。


「もう他の人と恋愛しません」という契約で結婚したことで、安心安定を手に入れた。代わりに胸のトキメキと綺麗になりたいという願望を失った。


ハッキリわかった、胸の高鳴るような楽しみと安定は両立しないことが。無い物ねだり、独身と既婚者の間に流れる見えない川のようなもの。


私はちょっと安定に走りすぎちゃったのかもしれない。自分が人に影響されやすい人間だってことは自覚している。雑誌やインスタで「きちんと暮らしている人」の情報ばかり見ていた結果、きちんとしすぎてしまったようだ。たしかに整ってはいるけど遊びがない。


もう情報を入れたくない。すぐに情報に影響されるから。自分の中から湧き出すパッションだけで生活してみたい。パッション屋良みたいに。ミニマリストという言葉に縛られたくない。パッションに従ったらどんな暮らしになるだろう。


ここで昔好きだった買い物には行けるかもしれないけど、昔好きだった恋愛ができないのがマダムの辛いところ。芸能人にトキメクとかぬるいやつじゃなくて、中島みゆきの世界観の恋愛がしたい。


そんなダメマダムでも綺麗になりたいという願望なら取り戻せるはずだから、なる早で取り戻したい。習字で「死ぬまで女」って書いて壁に貼っとこうかしら。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村