60%生活

エンジョイほぼ無職生活

やりたいことがなさすぎて

「好きを仕事にする」に囚われすぎてた

自分の好きなことと言えば、誰の目も気にせずだらけきった状態でお笑い番組を観ること

…それ以外に思いつかない

そんなことで給料もらえないことくらい、甘ちゃんの私にもわかる

で、今やっているルーティンワークを「好きな仕事」と思い込もうとしていた

なぜなら、子供に「母ちゃんは好きな仕事やってるよ」って胸張って言いたかったから

「ほんとは毎日働かずにぐうたらできたら幸せなんだけどねー」なんてド本音を言ったら、我が子の将来がやべーことになってしまいそう

甘ちゃん母ちゃんの私でも、そのくらいの危機感はある

で、せっせこ毎日ルーティンワークをこなしていた

私はこの仕事が好きなはず、てか嫌いじゃない

嫌いじゃなくて自分に向いてて怒られることもなくて人間関係のしがらみもない今の仕事は最高に違いない

その最高に違いない仕事をしていて、体調を崩した

自分のキャパシティが人より少ないことは知っていたけど、思っていたよりも更に少なかったらしい

私は、仕事が、好きではないんだ

その職種が自分に合ってないとか、職場の雰囲気が微妙とか、そういう問題じゃなく

仕事をすることが好きじゃない、というか面倒

やりたいこと以前の問題

よし、ニートしかない

だけど自分で自由に使えるお金がないと不安になってしまうので、働く

家事(主に料理)をきちんとやらない免罪符として、働く

いつだって私を突き動かすのは負の感情

シフトを減らす申請もして、準備万端

怖いものないぜ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村