60%生活

人生七転び八起き

ミニマリストだけどお金って欲しいよね

もっと格好良い物が欲しいとか、もっと便利な物が欲しいとかの「向上心」がなくなってきた。今ある物で充分。壊れたら同じ物を買えばいいという安心感。



例えば、冬場は毎日ユニクロのダウンを着ているのだけど、常に「ダメになったらまたユニクロで買えばいい」という安心感に包まれている。ダウンそのものの暖かさも相まって、二重に包まれている。


ユニクロのある時代に生まれてよかったー!と叫んでいる(山本高広で)



家電についても、使う機能は限られているので、余計な機能がついていないお安い商品で充分。それを、できるだけ長く使えるように大切に扱う。


なんてお金のかからない女なのか…今までの人生、もう少しモテてもよかったのではなかろうか(お金のかからない女という理由で)



「向上心」がなくなると、買い物に費やす「時間」が減って、必要な物がすべて揃っているという「安心感」が生まれる。



もともと物に対する向上心(つまり物欲)ばかり旺盛で、人間性や仕事に対する向上心が皆無に等しかった私。


安月給にブーブー言いながらもスキルアップもせず買い物だけしていたという、自業自得の例文のような人生。



だけど、買い物欲が減ってから、ほんの少しだけ自分に対する向上心が持てたような気がする。



いつまでも分不相応な物を欲しがって「お金がない!」と嘆いていてもしょうがないじゃないか(えなりで)



ミニマルに生きることで「このくらいお金があれば生きていけるわ私」という自信を持ち、安心して野心を持って生きるのだ。



文章を書くことでお金を稼げるようになりたい。これが私の野心。


ミニマリストになってブログを書くようになって「ミニマルライフってお金かからなくてサイコー」と言っておきながら結局お金を稼ぎたいと言っている。


よーく考えよう、お金は大事だよとアフラックも言ってたじゃないか。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村