60%生活

人生七転び八起き

最悪

子供関係の役員決めがあった
副会長になってしまった
決める方法はあみだくじだった
好きなところに名前を書いて、さらに線も足していいよと言われた
張り切ってたくさん足した


今、張り切ってたくさん足した自分を恥じている
しゃしゃり出て副会長を引くというダサさ
穴があったら入りたい


まぁ、そんなこと(しゃしゃって線を足す)までして決まってしまったのだから仕方ない


…いや、本当は全く納得できていない


子供のためとか地域のためとか、微塵も思わない(そう私は最低な母親)


そんな時間あったら、寝っ転がってお笑い番組を観ていたい(自堕落な母親)


どうせ役員の集まりとか行っても人見知りで馴染めなくて微妙に浮いた感じで終了する(残念な母親)


気が利かない、頭が回らない、できなさを思い知らされるのが辛い(ルール〜)


ひたすら耐えるだけ(ハーハーン)


そう、私は我慢だけが得意な女…(ちょっとネガが過ぎるか)


納得できてようができてなかろうが、副会長は覆らない
このただでさえクソめんどくさい業務に加えて副会長までやらなきゃいけないという憤りはどこにぶつければいいのか
憤りすぎてもうなかなか寝付けない


他のママさんに「何かあったら手伝うよ」と優しい言葉をかけてもらっても、副会長じゃない貴方に私の気持ちなんてわからない…としか思えない


あのママもこのママも、道を歩くおじさんも駅員さんも、副会長じゃないんだから幸せだなぁと思う


これまで38年間副会長じゃなかった自分は幸せだなぁと思う


あみだくじで決まった瞬間から、副会長という100tの重りを背中に乗せて生きることになる
任期は1年間 地獄の1年間


ところで副会長の心は荒れに荒れているが、会長はどんな気持ちなのだろうか
体半分ワニに喰われてるくらいの気持ちかもしれない


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村